業界の裏話

【業界の裏話】自社開発と受託開発(SES)の違いは?IT業界まとめ

【業界の裏話】自社開発と受託開発(SES)の違いは?IT業界まとめ
気になる人
IT業界への転職を目指しているが、IT業界の裏話が知りたい。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・IT業界を細分化

・IT業界に転職を目指すなら転職エージェントを活用

 

本記事の信頼性

筆者自身も30代未経験の営業マンからエンジニアに転職しました。

エンジニアとして最前線で働いており、リアルな声をお伝えします。

 

本記事を読めば、IT業界の現状を知ることができますよ。

 

IT業界のエンジニアを細分化

IT業界のエンジニアを細分化

IT業界に従事しているエンジニアは、具体的な仕事内容により細分化することが出来ます。

職種一覧

・フロントエンドエンジニア

・サーバーサイドエンジニア

・インフラエンジニア

・ネットワークエンジニア

・セールスエンジニア

など様々なエンジニアが日々開発にあたっています。

IT業界は大きく2つに分けられる

IT業界は大きく2つに分けられる

IT業界には業界は、自社で開発を行う「自社開発企業」と主に客先に常駐し開発を行う「受託開発企業(通称:SES)」に分けられます。

自社開発企業と受託開発企業の仕事内容は全くもって異なります。

 

自社開発企業の実態

自社で商品を開発している企業を自社開発企業と呼んでいますが、企画、制作、納品、保守まですべての業務を一人で担当することもあり、上流から下流まで一通りの業務を習得することが可能です。

一人あたりの裁量が大きいことも有り、本人のやる気次第ではどんどん仕事を任せてもらえることがあります。

自社開発企業は未経験からの転職が年々厳しくなってきている

IT業界全体で人材不足に悩まされていますが、多くの企業が未経験者ではなく、「経験者」を求めています。

未経験から自社開発企業に転職成功した方も一定数いますが、年々厳しくなってきているのが現状です。

まずは客先常駐がメインとなる受託開発企業で経験を積んだ後に、自社開発企業にステップアップするルートが王道です。

自社開発企業での働き方

自分の判断で業務の配分を調整しながら、納期までにシステム開発を完成させることが求められます。

開発しているシステムには厳密な納期が設定されていないこともありますが、締切間近になると残業が少し増えます。

しかし、他業界に比べると残業時間は総じて少なく、オンとオフの切替えも十分可能です。

また服装も自由な所が多く、職場でお気に入りの音楽を聞きながら作業しているエンジニアも多いです。

 

受託開発企業の実態

客先に常駐し、サービスや商品の開発を行いますが、大きな特徴としては、職場を転々とする可能性があります。

受託開発の場合、常駐先の企業の案件が終了すると別の企業の案件にジョイントすることが多々あり、常に柔軟な姿勢が求められます。

様々なスキルや現場を経験できる一方、職場が転々とするため落ち着きづらいとの声も出ています。

 

IT業界に転職を目指すなら転職エージェントを活用すべき

IT業界に転職を目指すなら転職エージェントを活用すべき

IT業界への転職を目指すのであれば、その道のプロであるITに特化した転職エージェントを活用しましょう。

おすすめの転職エージェントはこちら

 

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT/Web系エンジニア、デザイナーに特化した転職エージェントです。

IT業界に精通した専任のスタッフから企業の提案、条件面の交渉など手厚いサポートを受けることが出来ます。

会員登録は無料です

今すぐ会員登録する

IT業界に特化した転職エージェント

 

MIDWORKS

MIDWORKSでは、フリーランスと正社員のいいとこ取りをした全く新しい形の働き方を提案してくれます。

フレキシブルな働き方が可能になり、時間の成約からも開放されやすくなります。

会員登録は無料です

今すぐ詳細を確認する

フリーランスX正社員

 

Tech Stars Agent

Tech Stars Agentは、プログラミングスクール「tech boost(テックブースト)」を運営している株式会社Branding Engineerにより運営されている転職エージェントサービスです。

在籍しているエージェントは全員エンジニア出身のため、スキルやキャリアを見据えた転職支援を行うことが可能です。

会員登録は無料です

今すぐ会員登録をする

全員エンジニア出身のエージェント

 

【業界の裏話】自社開発と受託開発(SES)の違いは?IT業界まとめ

自社開発企業と受託開発企業では仕事の中身や取り組み方なども大きく異なります。

まずはプログラミングスキルを身につける所から始めて、転職エージェントを積極的に活用してエンジニアに転職しましょう。

-業界の裏話

Copyright© 転職コンパス , 2020 All Rights Reserved.