IT業界

30代未経験の営業マンがエンジニアに転職できた理由とは?まとめ

30代未経験の営業マンがエンジニアに転職できた理由とは?まとめ
気になる人
30代未経験営業職からエンジニアへの転職を目指しているが、どうしたらエンジニアに転職できるか知りたい。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

・なぜ営業職からエンジニアへの転職を目指したのか?

・エンジニアになるためには、プログラミング学習が必須

・プログラミングを効率的に学習する方法

本記事の信頼性

筆者自身も30代未経験の営業マンからエンジニアに転職しました。

自分自身の成功体験談なども交えてご紹介していきます。

本記事を読めば、30代未経験で営業職からエンジニアに転職するために具体的にどのような行動を起こせばよいかわかるようになりますよ。

結論はこちら

30代未経験の営業マンからエンジニアに転職するためには、プログラミングスクールで効率よく学び、ポートフォリオサイトを作成。

営業で培ったコミュニケーション能力を活かし、自分自身を企業に売り込みましょう。

30代未経験の営業マンがなぜエンジニア転職を目指したのか?

30代未経験の営業マンがなぜエンジニア転職を目指したのか?

私は法人営業を担当しており、当時の取引先数は約50社を抱えていましたが、組織の中でも常にトップの売上成績を上げていました。

しかし、私の所属していた会社はどれだけ売上を上げても給与に反映されず、不満ばかりが溜まる日々が続いていました。

自分には確固たるスキルがない・・・。今から弁護士や医者になることはできない・・・。将来に渡って通用するスキルを身につけたいと考えていたある日。

ふと目にした雑誌でエンジニアについて書かれている記事を発見し、中身を読み込んでいくうちに、自分には「これしかない!」と確信し、その日からいきなりプログラミングの学習を始める決意を固めました。

プログラミング学習を始めた時には、既に年齢も30を超えていましたが、必ずエンジニアになると自分自身に言い聞かせました。

 

30代未経験の営業マンからエンジニアになるためには、プログラミング学習が必須

30代未経験の営業マンからエンジニアになるためには、プログラミング学習が必須

プログラミング学習を始めた時の私の理解度はとても低く、

「HTML?CSS?ホームページでどうやってできているの?」かなど全くの初心者に近いレベルでした。

そこでまずは、自分がどの分野のエンジニアを目指すか目標を明確にすることから開始しました。

エンジニアと括っても、フロントエンド、サーバーサイド、インフラエンジニアなど様々な種類がありますが、ホームページ制作などに興味があったので、フロントエンドエンジニアに転職することを大きな目標として設定しました。

そのために、学習な必要な言語を「HTML」,「CSS」,「PHP」,「Javascript」+WordPressに絞り学習を開始しました。

 

プログラミングを効率的に学習する方法

プログラミングを効率的に学習する方法

独学で学習することも考えましたが、これまで長年部活動に取り組んできた自身の経験もあり、初めて学習することはプロから学んだほうが圧倒的に成長が早いと感じ、プログラミングスクールを活用した学習を選択しました。

結果的に自分自身の目標に沿ったカリキュラムを効率よく進めることができ、自分自身の目標であったエンジニアに転職することに成功しました。

おすすめのプログラミングスクールはこちら

murainfo.com
30代未経験でも学べるおすすめのプログラミングスクールベスト3

30代未経験の営業マンがエンジニアに転職できた理由とは?まとめ

IT業界全体として慢性的な人材不足に悩まされており、これからさらに人材不足が顕著化すると言われています。

しかし、本年度から義務教育にプログラミングが組み込まれるなど今後IT業界を目指す人材はさらに増加の一途を辿ると想定されます。

30代未経験でも十分にエンジニアに転職することは可能です。

自分自身にコミットして、エンジニア転職を実現させましょう。

 

-IT業界

Copyright© 転職コンパス , 2020 All Rights Reserved.